痴漢待ち合わせ

私はずっとエッチに憧れる21歳の大学生です。大学生になったら出会いも増えるかなと思っていましたが中々出会いがなく、エッチをしてみたい私はいつも少女漫画で胸キュンしながらエッチに憧れを抱いています。それでもなかなか出会いがないからこのまま歳をとるのかなと思っていました。
ある日、同じクラスの友達が電車で痴漢にあった話を聞きました。友達の服装は少し露出がある感じの服装。顔は普通。体系も普通。でも痴漢にあうなら私にもチャンスがあるのかなと思ってしまいました。いつもは空いている時間を狙って電車に乗っていましたが今回は満員電車に乗って痴漢にあってみようと痴漢待ち合わせみたいな感じで満員電車に乗ってみました。
痴漢プレイ
しかし、初日は何も起こりませんでした。2日目、3日目と日にちだけ過ぎてしまい無理かなと思っていた矢先5日目ついに私のお尻を触れる人が現れました。嫌と言うより嬉しさでドキドキしてしまい気持ちいいも何も分からずその日はそれで終わりました。
次の日、再び痴漢待ち合わせみたいな感じで同じ時間、同じ場所で電車の中に乗るとまた痴漢がありました。同じ人だと思いました。そして私が拒否らない事に気付き手はスカートの中に入ろうとしてきました。すごく嬉しいけれど、他の人に気づかれないかとそっちの方が心配になりました。だけどそんなことはおかまいなしに触って来る痴漢男。それに感じてしまう私。もうすぐ駅に着く。もっとやられたいと思うすけべな私です。
痴漢プレイ掲示板
待ち合わせ痴漢